明日葉

庭の花・出かけた先の写真と気になったことを勝手きままに書いてます 錦織情報も🎾

堀 文子さん 

昨日午後から降り続いた思わぬ春の雪
今朝は数センチの積雪になっていた。
先週冬タイヤを交換しようと思いながらやっていなくて良かったと思った次第です(ホッ)


20140321-haruyuk_01DSC_2784.jpg
昨日夜 ジャンジャン降ってます




20140321-haruyuk_01DSC_2786.jpg


せっかくの三連休 楽しみにしていた方はガッカリだったかな。
私も出かける気にならず 久しぶりにTSUTAYAにビデオを借りに行きました。
一度借りると返すときに又何かしら借りてきてしまいます。
これって人間の心理なのかもしれませんね。
この連休は私も休養日、誰が何と言おうとのんびり過ごすことにします。




ohagi20140319-_01DSC_2795.jpg
お彼岸なのでぼた餅を買って、食べました 

          牡丹餅の昼夜を分かつ彼岸かな  正岡子規

          門前を彼岸参りや雪駄ばき    夏目漱石




20140321-haruyuk_01DSC_2838.jpg
品のあるこちらの方は、何と95才の日本画家 堀 文子 さん



20140321-haruyuk_01horitieko_0001.jpg
堀文子さんの作品です
2013年に銀座で個展を開かれた。


「足腰が弱り、庭にスケッチにも出られなくなりました。それで部屋から見える庭の一角に、雑草園を作り、庭師の入れない空間を作りました。」
「ぺんぺん草、猫じゃらし、どくだみ・・・ 一度だって主役になったことのないものばかりです。出れば抜かれて、踏んづけられて、疎んじられて、けれどもひねくれも諦めもせず、ひたすらに生きている。」

この方すごいですよ。
ご主人の闘病を支え、ご主人が亡くなってから43才で世界に飛び出し、3年間世界を放浪。
日本がバブルに浮かれていた昭和62年、すべてお金が優先する日本に見切りをつけ、イタリアに渡り、スケッチに明け暮れる生活69才のとき。

77才まではアマゾンに、80才でヒマラヤとペルーに。81才のときには、幻のブルーポピーを求めて標高4500メートルのヒマラヤに出かけた。

そして、次に生まれることがあったら、私は木になりたい。
小さな種から芽を出して、その場にじっと根をはやして立つ木。
ただそこに立って、風雪に耐えて葉を茂らせ千年も生きる。動物にはまねができない威厳があります。


実は先日行った美容室で読んだ「ゆうゆう」という雑誌に掲載されていた記事だったのですが、感銘を受けましたので書かせていただきました。


今日はこれで



[edit]

昨日はいきなり冬に逆戻りでしたね・・
そしてそちらは・・なごり雪でしたか・・
こちらは春の扉開けたら・・勢い余った風が吹き戻し
今日は・・気温も余って・・陽だまりはぽかぽか・・
でもまだ風が収まらなくて・・肌寒いですね

美しいものは・・絵でも花でも一緒・・
心も目も優しくなれうね

ぱふぱふ #- | URL | 2014/03/22 15:04 * edit *

Re: ぱふぱふさんへ

さっき去年の3月はどうだったんだろうと調べてみたら
3月23日に昨日より多い雪が降っていました。
今年が特別ってわけではなかったです。

去年の庭の花も調べたらムスカリが咲いたのが4月でしたよ。
今年は遅いと思っていたら・・・
いつものことでした。

そちらとの季節のずれは相当あります。

セブンクローバー #- | URL | 2014/03/22 20:56 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://clover04260.blog.fc2.com/tb.php/249-d1debab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)