明日葉

庭の花・出かけた先の写真と気になったことを勝手きままに書いてます 錦織情報も🎾

丸森へ (5) 齋理屋敷 

錦織情報
ATP1000 ムチュア・マドリード・オープン 準決勝 対マレー
残念ながら負けてしまいました
ナダルとの決勝を楽しみにしていましたが、実現ならず
マレーは確実なプレーでミスが少なかったです
先に展開されて錦織の方が後手に回ってしまっていました
BIG4の強さを感じた試合でした
あと少しですね
厳しいツアーの中で今年はリタイアがないのが嬉しいです
お疲れさまでした(^^)

次の大会イタリア国際が今日から始まっているんですよね~
いや~、大変だ




今日の庭の花は「ボリジ」 

LightroomDSC_8352.jpg
食用のハーブです
葉茎にはガサガサの毛が生えています
遠くからから見ると星形の花は鮮やかな青で綺麗なのですが全体がもやっとした感じです


LightroomDSC_8352-2.jpg
その昔聖母マリアの青い衣に使われたとして「マドンナブルー」とも呼ばれます
また古代ギリシャの兵士が出陣前にワインに浮かべて飲んだと言われています
食用のハーブで、いろいろな使い方があるようです
花は乾燥させてドライフラワーやポプリに、摘みたてを製氷皿に入れてアイスキューブにしたり、砂糖に漬けて保存し、菓子に使ったりできます
葉はサラダや天ぷらで食べられるそうです











丸森へ (5) 齋理屋敷

齋理屋敷は、江戸時代から昭和にかけて七代続いた豪商、齋藤家の屋敷です。代々の当主が齋藤理助を名乗ったことから齋理と呼ばれるようになりました。呉服・太物の商いから、養蚕、味噌醤油の醸造など幅広い商売を手がけて栄えましたが、第二次大戦後に店を閉じました。昭和61年、屋敷と蔵が収蔵品を含めてそっくり町に寄贈されたことから、膨大な収蔵品を調査・整備して、昭和63年、蔵の郷土館として開館しました。蔵と屋敷に、豪商の暮しぶりを物語る豪華な調度品や、商売の道具など様々な品を展示しています。

洋風な新館の建物です  齋理屋敷の開館10周年にあたる平成10年7月に開館しました
齋理が最も栄えた大正時代の意匠を取り入れたそうです

LightroomO5020781.jpg




LightroomO5020785.jpg




LightroomO5020787.jpg




LightroomO5020788.jpg




LightroomO5020790.jpg




LightroomO5020791.jpg




LightroomO5020792.jpg



あしたは2階を

E38381E383A3E382B9E382ABM.jpg

[edit]