明日葉

庭の花・出かけた先の写真と気になったことを勝手きままに書いてます 錦織情報も🎾

大崎市鳴子「潟沼」 

北海道と蔵王から雪の便りです。
関東では木枯らしが吹いたとか、季節がまた一歩冬へ近づいたようです。
こちら東北の冬の訪れ、去年より早そうです。








10月25日(金)は、ポカポカと暖かく天気は上々、幸い何の予定もなかったのでテレビの情報を元に鳴子まで紅葉狩りに出かけました。
土曜・日曜も天気が良かったので、さぞかし混んだことでしょう。
今週は急に寒くなったので、いい時に行くことができました。


今日は、鳴子峡の途中に寄った「潟沼」です。

潟沼(かたぬま)は、宮城県大崎市鳴子温泉にある湖で、エメラルド色に輝く湖水は、世界でもトップクラスの酸性度を持つそうです。
鳴子の温泉街から南東へ約1.2km、胡桃ヶ岳の南側の斜面にあります。潟沼は旧噴火口にできた沼(カルデラ湖)で、続日本記によれば仁明天皇の時代、承和4年(837)の4月に、この地の火山活動の記載があり、それから推測し1100年前に出現したと考えられています。


東北自動車道を古川インターで下り、国道47号線へ 途中から山道に入り、潟沼へ
20141024_0151.jpg




20141024_0153.jpg




国道からは割と近かった  
20141024_0157.jpg
見事に紅葉してました♪




20141024_0177.jpg




20141024_0184.jpg




20141024_0160.jpg




20141024_0172.jpg
変色している辺りから硫黄が吹き出ていました。 かなりの硫黄臭で鼻を抑えて通りましたよ。




20141024_0191.jpg




20141024_0189.jpg
かなりの透明度  指を入れるとピリピリするそうです。




20141024_0173.jpg
湖の周囲には遊歩道が整備されていて、約40分で1周できるそうです。




20141024_0179.jpg

天候によって、ブルーやエメラルドグリーンに変化する湖をボートで楽しむこともできる観光スポットになっています。


潟沼からでした
今日はこれで

[edit]